• 夏のオススメ
  • スーパーフード特集

桃の節句、ひな祭りをマクロビオティックで

3月3日は桃の節句、女の子の健やかな成長を祈るひな祭りです。

祝日ではありませんが、雛あられや甘酒、ちらし寿司なんかを用意して、楽しく大切に過ごしてみませんか?

節句は季節の節目。中でも縁起の良いとされた奇数の重なる五節句(五節供)は大切にされてきました。このひな祭りも、女の子に限らず気持ちを入れ替えるのにいい時期なのかもしれません。

と言っても桃の節句はもともと現在の4月頃で、人型の紙を使ったお祓いの行事だったそうです。七夕もそうですがこうした季節の行事も時期も意味も変わりすぎて少し複雑な気持ちになったりしますね。やはり忠実に一ヶ月遅れで行う地域もあるようです。

いろいろなひな祭りがあるといえば、千葉県の勝浦では神社の数十段にも及ぶ石段に雛人形が並びます。実際に見たことありますが圧倒されました。

お菓子にも全国で様々なものがあるようです。

  • ひちぎり(京都府)
    ういろうなどの生地を引っ張ってちぎりとった形の台に、赤や白の餡、きんとんなどをのせたお菓子です。
  • おこしもの(愛知県)
    尾張地方の郷土菓子。米粉をこねた生地を鯛などの形をした木型に入れ、せいろで蒸したもの。砂糖をつけたり、焼き直してしょうゆをつけたりしていただきます。
  • からすみ(岐阜県)
    海から遠い東濃地方では、なかなか手に入らない珍味・からすみ。子どもの成長と健康を願って、せめてからすみに似たお菓子を……と供えたのがはじまりとか。米粉に栗などを加えて練り、蒸したもので、富士山に似た山のような形をしています。
  • おいり(鳥取県)
    因幡地方の郷土菓子。お米で作ったぽん菓子を水あめなどでかためて作られています。生姜が入っていることが多いようです。

引用元:マイナビニュース「全国でこんなに違う!ひな祭り」

特に鳥取の「おいり」が素朴で美味しそうです。
どれもマクロビオティックにアレンジして作れそうですね。

マクロビマートにもひな祭りにぴったりの商品があります。ぜひご利用ください。

2016.02.29お知らせ一覧に戻る