• 秋においしい商品
  • スーパーフード特集

災害に備えて準備しておくこと

東日本大震災から5年が経ちます。
遠い東京でも当時の恐ろしさは鮮明に覚えています。これからも同じことが起こると考え、しっかりと備えなくてはいけません。災害への備えについてはテレビや様々なサイトでも紹介されていますが、ここでも少しまとめてみたいと思います。

食料や飲料水の備蓄は3日〜1週間ほどを想定しておくと良いと言われています。ただ保存しておく場所の確保が難しかったり、忘れて古くなってしまうこともよくあります。

そのための工夫として、日々使えるものや食べられるものを保管し、古いものから定期的に消費していく習慣を作ると良いそうです。使った分を買い足して、常時3日分以上を残すことで無理なく備蓄できます。

水の確保は「ウォーターサーバーの宅配」もおすすめです。少し高価に思えますが、普段からおいしい水が飲めるだけでなく、いざという時の備蓄にもなります。常にボトルが一本は残るように宅配してもらうと良いかもしれません。

首相官邸のホームページにもこうした備えについてまとめられていました。

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例

  • 飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
  • 非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
  • トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

非常用持ち出しバッグ
飲料水・食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)・ヘルメット、防災ずきん・マスク・軍手・懐中電灯・衣類・下着・毛布、タオル・携帯ラジオ、予備電池・携帯電話の充電器・使い捨てカイロ・ウェットティッシュ・洗面用具・携帯トイレ

引用元:災害に対するご家庭での備え | 首相官邸ホームページ

過去の震災から学ぶこと

「水くみに始まり、水くみに終わる毎日でした」
「食器にサランラップを巻いた。食器を洗えないので汚さない工夫」
「ビニール袋を二重にして水を入れた」

引用元:阪神・淡路大震災から学ぶ いま、そなえておきたい3つのこと - Yahoo!天気・災害

一番困るのはやはり水が使えないことのようです。水を運ぶこと、水を使わずに済む方法を今から考えておきましょう。上に引用した「持ち出しバッグ」の中に「ビニール袋」や「ラップ」「アルミホイル」も入れておくと良さそうです。

その他、用意しておくと良いと言われているものをまとめておきます。

  • 歯が磨けないため「マウスウォッシュ
  • しばらくお風呂に入れないことを考え「デオドラントスプレー
  • 周囲を衛生的に保つように「除菌・消臭スプレー
  • 夏、エアコンが使えず窓を開けるような場合に「虫除けスプレー」「蚊取り線香

マクロビマートでも関連商品を取り扱っておりますので、ぜひご活用ください。マクロビマートからは、栄養補給に「甘酒」をおすすめします。甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養価が高いので、被災した際の疲労回復にも役立つと思います。

2016.03.11お知らせ一覧に戻る